借金をしっかり返していくために

借金返済に困らないようにするためには、当然ながらまず、借り過ぎに注意する必要があります。

たとえば、カードローンは利用枠の範囲内であれば、何度でも繰り返し借りられます。

利用枠という上限があるように思えて、少し返せば、また借りられる枠が復活するため、延々と借金が嵩んでいくリスクがあるので注意しましょう。

しっかり借金を返済していくためには、ご自身の収入や日々の生活費等の出費と兼ね合いを付けながら、返済計画を立てなければなりません。

毎月の返済額が決まっていれば、まずは収入からその分を控除し、残りのお金で生活をやりくりするようにしなければ、収支が赤字になる虞もあります。

借金の返済のために借金をしないよう注意してください。

計画的に返済を試みても、思わず、欲しい物ができてショッピングローンを組んでしまったり、収入が減って返済に苦しくなることがあるかもしれません。

この場合の対策としては、まず、それ以上の新規の借入れはしないことが大切です。

そのうえで、食費や生活費の一部を節約する工夫をしましょう。

もっとも、節約しやすく大きなコストカットになるのは、交際費や飲み代、タバコ等の嗜好品です。

それでも、どうしても借金返済が困難になった場合はどうしたらいいのでしょうか。

借金返済のために借金をするような自転車操業になっては、もはや黄色信号を通り越しています。

自分だけの力では難しい状態のため、家族など親しい人に助けを求めましょう。

それができない場合や、躊躇される場合は、貸金業者の相談窓口、そして、司法書士等の借金問題解決の専門家に相談してください。

借金返済のコツ

お金を借りるときに一番大切なのは、しっかりとした返済計画を立てるということです。

もし返済ができなくなってしまうとブラックリストに登録されてしまって、次に借金をしようとした時に審査に通らなくなってしまいます。

返済シミュレーションなどを利用して、利息がどのくらい発生するのか、毎月の返済はいくらなのか、といったことを契約前に確認しておきましょう。

借金の返済を楽にする一つの方法として、金利の低いサービスに借り換えるというものがあります。

一般的に消費者金融よりも銀行のほうが金利が低いので、銀行の低金利サービスへの借り換えを検討しましょう。

また、複数の業者から借り入れをしている時にはおまとめローンを利用して一つの業者に借金をまとめてしまうのも良い方法です。

以前の消費者金融業界は法律で定められた上限金利を超えるグレーゾーン金利による貸し出しが行われていました。

現在は法律が改正されたため、グレーゾーン金利による貸し出しは禁止されていますが、もしもグレーゾーン金利が廃止される前から借金を返済してきたならば過払い金が発生している可能性があります。

過払い金返還請求を行って払い過ぎた利息を取り戻し、それを返済に充てることができます。

現状では借金返済のめどが立たないという場合は債務整理を考えましょう。

場合によっては大幅に借金を減額できる可能性があります。

債務整理には当事者同士で問題解決をする任意整理や、裁判所の決定を必要とする個人民事再生などいくつかの方法がありますので、法律の専門家である弁護士のアドバイスのもと、自分に合った方法で行うようにしましょう。

参考サイト

  • 債務整理とは・・・任意整理は裁判所を通さない最も穏やかな借金返済方法として人気が高いです。