借金返済のための基礎知識

人間とは慣れる生き物ですが、それは借り入れに対しても同じです。

はじめは慎重に借りていても、借りることが当たり前になると慎重性も薄れてきてしまいます。

そのため当たり前のことですが、借入れは必ず返済ありきで考えましょう。

特にキャッシングやカードローンの場合は繰り返し何度でも借り入れができる利便性の高さが、お金を借りているという価値観を崩してしまいがちですので注意が必要です。

借入れ前には、返済計画を立てた上で借りることが求められます。

幾ら借りれば、いつまでに返せるのか、また、完済予定期間では利息を含めた返済総額はどのくらいになるのかということまで計算して計画を立てます。

ここで重要なのは借りられる金額ではなく、自分の収入と支出から見た時の返せる金額を借りるということです。

多くの方はリボルビング返済を行っていくかと思いますが、ボーナスが出た際などお金に余裕がある時は前倒し返済でまとめて返すことが勧められています。

借入期間が長いほど利息負担が大きくなってしまうため、早めの返済を心がけることで返済総額が減り、返済期間が短くなるでしょう。

返済には毎月の返済約定日が決められており、この返済日は必ず守る必要があります。

ただ、場合によっては返済を忘れてしまっていた、残高がなく引き落としがされなかったなどという方もいるでしょう。

返済日を過ぎると遅延損害金がかかるため、気が付いたときに早急に返済することが重要です。

また、自ら金融会社に連絡して借金返済が遅れる旨を伝えることも必要です。