返済計画をきちんと立てることは非常に大切

長年お付き合いしていた彼にプロポーズされ無事婚約成立、その後両家の顔合わせも終わりあとは入籍日を2人で決めるだけという段階にまできたときに、自宅に彼宛ての借金の催告状が届きました。

一体これはどういうことか聞くと、2年程前に借りた借金がまだ完済していないとのことです。

完済もしていない状態でプロポーズしてきたのかと思うとこの先非常に不安になってしまいましたが、二度としないという彼を信じ入籍後引き続き毎月返済していくことになりました。

彼は、入籍前に両親にお金を借りて返すと言いましたが、借金返済で一番やってはいけないことがまわりに迷惑をかけて返済することと誰かに肩代わりしてもらうことだと思いますので、きちんと自分の稼いだお金で返して欲しくてそれはだめだと言いました。

借金は、借りるのは簡単だけれど返すのは大変だということを知って欲しかったのもあります。

利息はもったいなくともやはり頑張って稼いだお金で返すことが二度と借金をしないという決意にもつながると思いました。

その後は私がきちんと完済までの計画を立て毎月少しずつ彼の収入から返済を続けました。

1年後、まだまだ先の見えなかった借金がやっとゴールが見えてきました。

毎月無理のない範囲での返済計画を立てていましたが、節約生活も頑張りお金に余裕のある月には多めに返済したこともあり本来の予定よりも早く完済出来そうで、一日も早くその日が来ないかと待ち遠しくて仕方ありませんでした。

計画的な返済にプラスして毎月上乗せして返済を頑張った甲斐もあり、結局予定より半年早く完済することが出来ました。

しかし、借金発覚前は彼が無計画な返済をしていたこともあり結局払った利息は元金の2倍相当でした。

借金は時と場合によっては仕方のないこともあると思います。

しかしどんな時も、きっちりとした返済計画を立ててから借りることが大前提です。